【速報】Apple Watch series 6とSEが発売開始!Apple Watch series3との比較!

スマオのアイコン画像スマオ

こんにちわ!スマートウォッチ大好き野郎のスマオ(@SmawatchJp)です。

先程(日本時間2020年9月16日午前2時)から始まったAppleイベントでApple Watchの最新作Apple Watch series6と廉価版のSEが発表され、早速発売が開始しています。

Apple Watch series5は6が出たことでカタログ落ちしましたが、引き続き3世代前のApple Watch series3は併売されることになりました。

スマオのアイコン画像スマオ

この3つの違いを簡単に説明して行きます。

目次

Apple Watch series6・SE・3の違い

価格の違い

左からseries6・SE・series3

価格はseries6のGPSモデルが42,800円から、GPS+Cellularモデルが53,800円から。SEはGPSモデルが29,800円からGPS+Cellularモデルが34,800円からになっています。

series3はGPSモデルのみの展開になっていますが、今までと変わらず19,800円からと2万円を切るか価格から購入することができます。

ケースサイズ

Apple Watch series6とSEはseries4から変わらず、44mmと40mmの2サイズになっています。デザインも大きく変化はないので、バンドは今までのものが通常通り使用することが出来ます。series3は今まで通り42mmと38mmの2つがラインナップされています。

単純にサイズの違いだけではなく、3はベセル部分が大きく表示領域はseries6やSEに比べると旧世代感は否めません。

ケース仕上げ(素材)の違い

ケース仕上げに関しては、seriesのみアルミニウム・ステンレススチール・チタニウムの3つの素材から選択する事ができます。

SEとseries3に関しては、アルミニウム素材のみのラインナップになっています。

カラーラインナップ

左からseries6・SE・series3

本体のカラーバリエーションも最新フラッグシップモデルであるseries6が一番充実しており、series5までのシルバー・スペースグレイ・ゴールドにプラスして新しくブルーとレッドの2色が追加展開されています。

SEはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3つ。series3に関してはシルバーとスペースグレイの2種類のみです。

Apple Watch series6は常時表示のRetinaディスプレイを採用

左からseries6・SE・series3

Apple Watch series5から採用された、文字盤の常時点灯機能はseries6にも継承されていますがSEと3には搭載されていない機能になります。

防水性能に関して

左からseries6・SE・series3

防水性能に関してはseries6・SE・3共に50mまでの耐水性能があり、水泳時にもしようすることが出来る性能になっています。

血中酸素濃度測定機能はseries6のみ搭載

血中酸素濃度は、血液中の酸素濃度を計測することで体の状態をしることができ、体調管理などに役立つ数値です。今回発表されたseries6のみに搭載されており、SEとseries3では計測することができません。

心拍数が高かかったり、低すぎる場合などにアラートを表示してくれる高心拍数と低心拍数の通知機能に関しては、すべてのモデルで対応しています。

転倒検出機能

左からseries6・SE・series3

転倒検出機能は、series4から搭載された機能で、Apple Watchを付けた状態で転倒すると自動で緊急通報サービスへ連絡をしてくれる機能です。

series6とSEには搭載されていますが、series4からの機能なのでseries3には未搭載になっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる