【Mi スマートバンド 6レビュー】正常進化の間違いないスマートウォッチ

スマオ

こんにちわ!スマートウォッチ大好き野郎のスマオ(@SmawatchJp)です。

バンドタイプのスマートウォッチで人気が高いMi Band(日本名Mi スマートバンド)シリーズの最新モデルMi スマートバンド 6を2ヶ月使ってみたので、レビューしてみたいと思います。

イギーくん

Mi スマートバンド 5も持ってるので比較しながら紹介するよ

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

Mi スマートバンド 6のデザインと付属品チェック!

Mi スマートバンド 6の付属品は本体・専用充電ケーブル・説明書の3つとシンプルな構成になっています。

充電は背面の充電端子部分にケーブルを近付ければ磁石でくっつくタイプ。

左がMi スマートバンド 6で、右がMi スマートバンド 5ですが、パット見で大きな変化はありません。Mi スマートバンド シリーズは一貫して同タイプのデザインを採用しています。

純正バンドはシリコン製で柔軟性があるバンドになっています。

本体とバンドは簡単に取り外し可能で、バンドもAmazonなどで色々なデザインやカラーのものが販売されているので、好みのバンドに付け替え可能です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

バンドははめ込み式で調整が可能で、つけ心地が良く着けているのを忘れるような肌触り。

ちなみに、私の腕周りは18センチですが、装着するとこんな感じに。

スマオ

腕が細い人も太い人も違和感なく着けれるサイズになっています。

Mi スマートバンド 6の特徴は?

スマートウォッチが一般的な腕時計と大きく違うポイントは、時間を見るだけではなくスマホの通知を受けたり、健康管理のアイテムとして使うことが出来る点です。

Mi スマートバンド 6にも搭載されていますが、心拍数や睡眠計測などを行いたい場合には充電時やお風呂に入るとき以外は24時間ずっと付けるような使い方になる人も多いと思います。

Mi スマートバンド 6はバンド込で24.5グラムと軽量なので、腕に着けていることを忘れてしまうほど違和感なく使うことが出来るようになっています。

スマオ

Apple Watch6と比較してみても、Mi スマートバンド 6のコンパクトさがわかると思います。

イギーくん

24時間着けっぱなしって考えると、Mi スマートバンド 6がいいね。

Mi スマートバンド 6の特徴
  • 24.5グラムの軽量スマートウォッチ
  • LINE、メールなどの通知機能
  • 血中酸素濃度計測機能
  • 心拍数測定
  • 睡眠計測
  • 歩数計
  • 30種類のワークアウト
  • ストレスチェック
  • 音楽リモコン
  • 1回の充電で2週間のバッテリー持ち

Mi スマートバンド 6の進化ポイント

スマオ

前作のMi スマートバンド 5からMi スマートバンド 6になって大きく進化したポイントは2つあります。

イギーくん

1つ目は、ディスプレイの表示領域が50%アップ!

小型なMi スマートバンド 6はコンパクトなのがメリットですが、大きなスマートウォッチに比べると、どうしても表示領域が小さく、LINEの通知などが見ずらいという弱点もありました。

今回のMi スマートバンド 6は5に比べて50%アップし、5の1.1インチから1.56インチとディスプレイが大幅に見やすくなっています。

左Mi スマートバンド 6・右Mi スマートバンド 5

本体サイズが変わらないので、パット見ではわからないかもしれませんが、画面を傾けてディスプレイの表示部分を比較すると分かりやすいです。

イギーくん

Mi スマートバンド 6が楕円形になっているのに対して、Mi スマートバンド 5は長方形だね。

スマオ

解像度も5が126×294だったのに対して、6では152×486と大幅アップ!

スマオ

この画像だとちょっとわかりにくいけど、実際に見ると全然6の方が文字がきれいに見えますよ。

イギーくん

2つ目が血中酸素濃度計測の対応!

コロナ禍でも注目されている血中酸素濃度の計測が、Mi スマートバンド 6ではすることが出来ます。

血中酸素濃度は90%以上であれば正常といわれています。

スマオ

医療機器ではないので、絶対的に信用できる数値ではありませんが、目安としては使えると思います。

Mi スマートバンド 6の管理アプリは2つ

スマートウォッチはスマホと接続して使いますが、Mi スマートバンド 6の場合にはスマホ側に専用アプリをインストールする必要があります。

前作のMi Smart Band 5までは、「Mi Fit」というアプリのみでしたが、今回から「Xiaomi Wear」というアプリにも対応しました。

Mi Fit
Mi Fit
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ
Xiaomi Wear Lite
Xiaomi Wear Lite
開発元:Beijing Xiaomi Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

左が「Mi Fit」右が「Xiaomi Wear」ですが、出来ることに関してはほぼ変わらないので、今までMi スマートバンドシリーズを使ってきた人は、そのままMi Fitでも問題ないと思います。

出来ることは同じですが、同じくXiaomiから販売されているMi WatchやMi Watch LiteはXiaomi Wearにしか対応していないので、今後XiaomiとしてはXiaomi wearに力を入れていきたいのかな・・・?と思います。

スマオ

私はMi スマートバンド 4からずっとMi Fitなので、とりあえずこのまま使います。

イギーくん

Mi FitからXiaomi wearにデータ移行も出来るみたいだから、安心してね。

Mi スマートバンド 6レビュー!

スマオ

ここからは、Mi スマートバンド 6を実際に使って、出来ることや感じたことを紹介していきたいと思います。

イギーくん

Mi スマートバンド 6

大画面&高解像で文字もくっきり!

Mi スマートバンド 5から大きな進化ポイントは、先程もお伝えしたとおり画面の大型化&高解像度化です。

Mi スマートバンド 6でも1.56インチと、スマートウォッチの中ではダントツのコンパクトさですが、前作の5に比べて50%大型化した画面は非常に見やすくなっています。

解像度も上がっているので、LINEやメールなどの文字もくっきりと表示されるようになり、ひと目で内容が確認しやすくなったのは大きなメリット。

スマオ

コンパクトなスマートウォッチで、視認性もしっかり確保されていますよ。

イギーくん

それでいて本体サイズはあまり変わっていないのはすごいね。

睡眠も仮眠も。コンパクトサイズで邪魔にならない。

Mi スマートバンドシリーズでは、着けたまま寝ることで、睡眠時間や質の計測をすることが出来ますが、Mi スマートバンド 6は非常にコンパクトサイズなので、睡眠時も邪魔に感じません。

スマオ

大きなスマートウォッチで睡眠計測をしようとすると寝てる間にいつのまにか外してたりするんだよね・・・。

イギーくん

Mi スマートバンドシリーズは睡眠計測の精度も優秀!

いつもスマートウォッチをレビューする時に 、入眠時と起床時に時計をみて睡眠計測の精度をチェックしているんですが、睡眠時間にかんしてはかなり正確に計測されています。

睡眠時間だけではなく、深い眠り・浅い眠り・レム睡眠・覚醒、あとはベータ版ではありますが、睡眠時の呼吸の質も計測してくれます。

スマオ

Mi スマートバンド 6は仮眠時の計測もしてくれます。

イギーくん

夜勤の仕事をしている人でも睡眠計測が可能!

スマートウォッチの多くは睡眠計測機能が搭載されていますが、意外に仮眠に対応していないモデルがあります。不規則な生活をしている人は、買う時に注意してください。

他にも、他の人の睡眠と比較や、過去7日間と比較して睡眠時間が取れているかなどを知ることが出来ます。

スマオ

健康管理の基本と言っても良い睡眠をしっかりとデータ化することで、睡眠管理もしやすくなりますね。

ワークアウトは11種目から30種目へと進化!

ワークアウトは、自分が行っている運動の記録を録る機能ですが、これも腕に着けているスマートウォッチとの相性は抜群です。

Mi スマートバンド 6は5の11種目から30種目へと、記録できるワークアウトが増えました。ダンスやフィットネス、ストレッチなどのワークアウトが追加されています。

Mi スマートバンド 6にはGPSが搭載されていませんが、連携しているスマホのGPSを利用してルートや速度などの計測もしっかりと残してくれます。

これはサイクリングのワークアウト時のデータになりますが、ルート以外にも平均速度や最高速度、1キロあたりのラップタイム、心拍数や高度などの情報を計測。

スマオ

これだけのデータを計測してくれると、自分の体力がどのくらい上がったかなんかも分かってモチベーションアップに繋がりますね。

心拍数・ストレス・血中酸素濃度などの健康測定機能の充実

コロナ感染時の症状判断基準として血中酸素濃度が用いられているので、注目されている機能ですが、Mi スマートバンド 6から新たに血中酸素濃度(SpO2)計測機能が搭載されています。

血中酸素濃度以外にも、ストレス計測と心拍数計測にも対応しています。

スマオ

心拍数は、睡眠時に低くなったり、ワークアウトを行っているときは高くなったりと、ある程度正確に計測出来ているようです。

スマオ

ストレスに関しては、心拍数をもとに数値化しているようですが、9時前に謎のストレス95・・・・。

イギーくん

ストレス計測はお楽しみ機能程度の感覚でいたほうがいいかもね・・・?

バッテリー持ちが大幅に悪くなっている

Mi スマートバンドシリーズはコンパクトなサイズで、バッテリー持ちが良いのもポイントの1つでしたが、今回のMi スマートバンド 6は公表1で4日間以上となっています。

スマオ

実際は14日間は厳しい印象・・・。

私が実際に使って充電持ちをテストしたところ、7日間前後でバッテリー切れになりました。

ただし、私のMi スマートバンド 6設定は、連続心拍数モニタリング1分ごと・活動時心拍数モニタリングオン・睡眠モニタリングアシストオン・ストレスモニタオンなど、バッテリー持ちが一番きつい状態でセットしてあります。

逆にこの設定で7日間持つので、それ以下になることはないと思います。毎日の充電が必要とかであればめんどくさいですが、7日間に1回の充電であれば特に問題はないです。

スマオ

5は10日以上余裕だったので、バッテリー持ちは悪くなってるけど、必要十分。

イギーくん

血中酸素濃度の計測センサーとかも増えたし。バッテリー消耗が大きくなるのは仕方ないかもね。

コンパクトなスマートウォッチがほしいなら決まり

スマートウォッチは何十本も使っている私ですが、この価格帯のスマートウォッチであれば間違いなくMi スマートバンド 6をおすすめします。

ただし、既にMi スマートバンド 5を持っている人で、血中酸素濃度計測機能を必要としないのであれば買い換える必要性は薄いかなと感じます。

まだスマートウォッチを使ったことない人であれば、Mi スマートバンド 6はスマートウォッチの魅力を楽しめるモデルになっています。

Mi スマートバンド 6のYou Tubeレビュー動画はこちら

スマオ

動画でもレビューしたので、こっちも見てみてくださいね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる