【Kospet Prime 2】Android10搭載!最新フルアンドロイド搭載スマートウォッチ!

スマオのアイコン画像スマオ

こんにちわ!スマートウォッチ大好き人間のスマオ(@SmawatchJp)です。

一部のコアな人には絶大な人気があるフルAndroid搭載スマートウォッチ。

個人的には、フルAndroid搭載スマートウォッチ3大メーカーは「Zeblaze」「Kospet」「lemfo」だと思っています。

今まではどのメーカーもAndroid7.1を搭載していましたが、最近になってAndroid10を搭載したスマートウォッチが続々と発売されています。

今日は、KospetのフルAndroid搭載スマートウォッチKospet Prime 2を紹介したいと思います。

フルAndroid搭載スマートウォッチとは
  • Androidが入っているスマートウォッチ
  • Googleストアのアプリがインストール出来る
  • SIMを入れてモバイル通信・電話(通話)出来る
  • WiFi接続も可能
  • LINEやYou Tubeなどももちろん可能
目次

Kospet Prime 2のデザインチェック

Kospetのスマートウォッチは、一般的な腕時計のようなシンプルなデザインの物が多く、今回のKospet Prime 2に関してもパット見ではスマートウォッチとはわからないようなデザインになっています。

スマオのアイコン画像スマオ

ただし・・・・バカでかい・・・・!

どのくらい大きいかと言うと、ウォッチフェイスの幅が60mmあるんです。この60mmが実際どのくらいのサイズなのか、例えば、自動販売機で買える190mlの缶コーヒーの直径、これが大体53mm。

分かりにくいかもしれませんが、缶コーヒーの直径よりも大きなウォッチフェイスになっています。

スマオのアイコン画像スマオ

画面の操作性とバッテリーの持ちを重視するとどうしても大きくなってしまうのはわかるけど、中々付ける人を選ぶサイズ・・・・ですね。

スマオのアイコン画像スマオ

前にレビューしたLEM Tよりは自然に付けれると思います笑

あわせて読みたい
【LEMFO】LEM Tレビュー!2.8インチ画面のフルAndroidスマートウォッチ!
【LEMFO】LEM Tレビュー!2.8インチ画面のフルAndroidスマートウォッチ!AndroidOSをそのまま搭載したフルAndroidスマートウォッチの中でもLEMFOのLEM Tは、2.8インチという大画面を搭載したスマートウォッチというよりも、小さなスマートフォ...

カメラは1300万画素で、正面(自分の方面)だけではなく、押し倒すことが出来るので画面を見ながら写真を取ることも出来ます。

Kospet Prime 2のスペック

Kospet Prime 2はフルAndroid搭載のスマートウォッチでは最新のAndroid10を搭載したスマートウォッチですが、他のスペックもかなり進化しています。

OSAndroid10
SoCHelio P22 Octa-Core
RAM4GB
ROM64GB
バッテリー容量1,600mAh
サイズ60× 60 × 17mm
重量285g
カメラ画質1,300万画素
ディスプレイ2.1インチIPS 480×480Pixel
LTEバンド1/2/3/5/7/8/12/17/20
WiFi規格802.11a /b/g/n

フルAndroid搭載スマートウォッチはスマートフォンと同じことがほぼ出来ます。

そこで問題になってくるのが、腕時計サイズに搭載するバッテリー問題。バッテリーとサイズはトレードオフになってしまうので、Kospet Prime 2のサイズが大きくなってしまうのはしょうがないんですが、1,600mAhのバッテリーを搭載しています。

なので、実際にスマートフォン的な使い方をしても1日充電なしでも使うことが出来るはずです。

スマオのアイコン画像スマオ

充電環境が整っていて、もう少しサイズが小さい方が良いという人は同じく、Android10を搭載した「Zeblaze THOR6」もおすすめです。

あわせて読みたい
【Zeblaze THOR6】ついにAndroid10が搭載!フルアンドロイド搭載スマートウォッチ!
【Zeblaze THOR6】ついにAndroid10が搭載!フルアンドロイド搭載スマートウォッチ!スマートウォッチのジャンルに「フルAndroid搭載スマートウォッチ」というの物があるのはご存知でしょうか?スマホで使われておりOSのAndroidをそのままスマートウォッ...

カメラは1300万画素と、このサイズのスマートウォッチに搭載されているカメラとしてはダントツ(画素数=キレイというわけではありませんが・・・。)

カメラは回転式になっており、自撮りやLINEのビデオ通話などをする時は正面に、風景や人を取りたい時は水平方向へ向けることで画面を見ながら撮影をすることが出来ます。

搭載さいれているHelio P22 Octa-Coreはスマートウォッチ専用ではなく、スマートフォンにも搭載されているSoCで、このサイズのスマートウォッチに搭載するには十分よいうよりもオーバースペックレベルです。

前モデルのKospet Primeに比べるとパフォーマンスは200%アップ。消費電力は40%ダウンと、かなり性能アップされています。

おすすめのSIMはソフトバンク系回線

フルAndroid搭載スマートウォッチであるKospet Prime 2はWiFiでの接続はもちろん。単体でのLTE通信にも対応しています。

ただし、日本の通信会社のSIMをどれでも使えるわけではなく、対応しているLTEバンドは1/2/3/5/7/8/12/17/20になっているので、1/3/8を使えるソフトバンク系の回線がおすすめ。

ドコモ系でも使えますが、ソフトバンクに比べると場所を選ぶ(東京ではドコモでも使えています)ので不安な人はソフトバンク回線にしましょう。

Zeblaze THOR6で使える格安SIM

など

Kospet Prime 2の購入先は?

Kospet Prime 2は日本では公式販売されていませんが、Amazonのストアで買うことが可能です。ただし、割高な料金になっているので、海外通販に抵抗がないのであれば中国の通販サイトBanggoodで購入するのがおすすめです。

スマオのアイコン画像スマオ

Banggoodで何十回も購入していますが、トラブルになったことはありません。日本語サイトもあるので簡単に買い物ができますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる