Apple Watchが外でも充電できる!おすすめのモバイルバッテリー7選

  • URLをコピーしました!

Apple Watchはスマートウォッチとしては出来ることが多く、優秀なガジェットなので使っている人も多いと思います。

そんなApple Watchの最大の弱点と言っても良いのは「バッテリーが持たない」ことです。

Apple Watchは基本的に毎日の充電が必要で、充電を忘れた場合には外出中にバッテリーが切れてただのブレスレット状態になってしまった事がある人も多いのではないでしょうか?

目次

Apple Watchの充電器はコンビニやスーパーには置いていない

iPhoneやAndroidのスマホに関しては、最近では家電量販店だけではなくコンビニやスーパーでも充電器を販売しているのを見かけることが多くなりました。

Apple Watchの充電器に関しては取り扱いが無く、外出中にでApple Watchの充電が切れた場合には、家電量販店などが近くに無い限りは手に入れるのが難しいのが現状です。

スマオ

もちろん。普段使っている充電ケーブルを持ち歩いても良いんだけど、荷物になるし、コンセントがない場合は使えないよね。

イギーくん

それなら持ち運び用と割り切って別にもう一個持っておくのがおすすめ!

モバイルバッテリータイプの充電器ならどこでも充電可能

純正の充電ケーブルをもう一本買って持ち運び用にする方法もありますが、コンセントが必須になります。友人の家や会社であれば問題ありませんが、外出中にApple Watchの充電をしたいならモバイルバッテリータイプがおすすめです。

スマオ

Apple Watchのモバイルバッテリーも色々なタイプがあるから、自分に合ったものを選びましょう。

Apple Watchのモバイルバッテリーは大きく分けて、「Apple Watch専用」「iPhoneと同時充電可能タイプ」「ワイヤレス充電機器が充電できるタイプ」の3つがあります。

サイズやバッテリー容量によって、選び方が変わるので自分の使い方に合ったモバイルバッテリーを選びましょう。

小型で持ち運びにピッタリなApple Watch専用タイプ

Apple Watchの充電に特化した専用タイプのモバイルバッテリーは、Apple Watchの充電しか出来ませんがその分コンパクトに作られているので、日常的に持ち歩くのに向いているモバイルバッテリーになります。

スマオ

キーホルダーやストラップタイプで軽量な物が多く、カバンの中や外に付けて置ける物が多いモバイルバッテリーです。

イギーくん

コンパクトな分バッテリー容量も少ないけど、Apple Watchの緊急用としては十分!持ち運びが楽だしね!

【Belkin】 Apple Watch用 モバイルバッテリー[2,200mAh

BelkinはApple製品の周辺機器を多く販売しているメーカーで、このApple Watch用モバイルバッテリーもMFi認証を取得している製品になります。

MFi認証とは、Appleが定める性能の基準を満たした製品で「Apple公式認定品」の証になります。MFi認証を取得している製品は品質がよく安心して使うことが出来ます。

スマオ

MFi認証を取得しているので、その分価格も少し高めになっていますが品質も高いので安心感があります。

バッテリー容量は2,200mAhで、Apple Watchを約3.5回充電する事ができます。重さも70gと持ち歩くのにも負担にならない大きさです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【GOVNDVN】 Apple Watch ワイヤレスモバイルバッテリー[1,000mAh

このApple Watch専用モバイルバッテリーもMFi認証を取得しているモデルになります。非常にコンパクトでキーホルダータイプになっているのでカバンに付けておいたり、持ち運びに向いてるモバイルバッテリーです。

スマオ

パススルー充電にも対応しているので、日常的にApple Watchの充電器として使って、出かける時に持っていくみたいな使い方もOK!

バッテリー容量は1,000mAhと少ないものの、非常用と考えれば十分な容量を確保。コンパクトなサイズで57gしかないので常に身につけておけば、いざ充電切れの時も安心です。

【S·WONIU】 USB内蔵 Apple Watchモバイルバッテリー[1,400mAh]

S·WONIUのApple Watchモバイルバッテリーは、キーホルダータイプのモバイルバッテリーでtypeCとtypeAの充電端子が付いているのでパソコンなどで充電をすることが出来るタイプになっています。

スマオ

このモバイルバッテリーを充電するのにケーブルが必要ないってこと!

バッテリー容量は1,400mAhとApple Watchの充電には十分の容量を確保。MFi認証はないもののPSE認証はきちんと取得。重さも48gと持ち運びにピッタリです。

iPhoneとApple Watchの同時充電タイプのモバイルバッテリー

Apple Watchを使っている人は当然iPhoneを使っていることになりますが、ここで紹介するモバイルバッテリーはApple Watchだけではなく、同時にiPhoneの充電もする事ができるタイプです。

スマオ

Apple Watch専用の充電器よりは重さもサイズも増えますが、iPhoneの充電までカバー出来るのは大きなメリット!

【CHOETECH】2in1 モバイルバッテリー(5,000mAh)

CHOETECHの2in1 モバイルバッテリーは、AppleのMFi認証を取得しているモバイルバッテリーで、5,000mAhのバッテリー容量があるのにスリムに作られています。

スマオ

Apple Watchであれば約6回、iPhoneであれば1〜2回の満充電が可能になっています。

充電専用ドックも付いているので、このモバイルバッテリーを充電するときもスマートに充電する事ができるようになっています。

【iWALK】 Apple Watch充電器(9,000mAh)

iWALKのApple Watch充電器は9,000mAhの大容量バッテリーにApple Watchの充電だけではなく、iPhoneのLightningケーブルが付属しているモバイルバッテリーです。

スマオ

9,000mAhもあれば、2泊3日くらいの旅行でもApple WatchとiPhoneの充電をまかなえますね。

iWALK Apple Watch充電器はiPhoneとApple Watch以外にも、出力端子がもう一つ付いているので同時に合計3台の充電をする事が出来ます。

【VHBW】Magsafe対応 モバイルバッテリー(5,000mAh)

VHBWのモバイルバッテリーはMagsafeにも対応したワイヤレス型のモバイルバッテリーで、Apple Watchはもちろん。iPhoneやAirPods、その他ワイヤレス充電に対応している機器を充電する事ができます。

スマオ

typeCの出力端子があるからワイヤレス充電に対応してない端末もケーブルを使って充電が可能!

iPhone12以降のMagsafe対応iPhoneの人は、ケーブル無しでシンプルに充電する事が出来るので持ち歩く時もケーブル類がごちゃごちゃしなくてすみます。

【LVFAN】Apple Watch用 ワイヤレス充電器(4,000mAh)

LVFANのApple Watch用 ワイヤレス充電器は、4,000mAhの容量を持ったモバイルバッテリーで、typeCの出力端子が付いているのでLightningケーブルを使えばApple WatchとiPhoneの両方が充電できます。

スマオ

お手軽な値段も嬉しいですね〜!

4,000mAhあればiPhoneとApple Watchをそれぞれ1回程度の満充電が可能。サイズもコンパクトなので非常用としては最適です。

Apple Watchモバイルバッテリーまとめ

Apple Watchは、バッテリー持ちが最大のデメリットと言っても良い弱点になっていますが、今回紹介したモバイルバッテリーがあれば出先でも安心です。

Apple Watch専用タイプと、Apple Watch以外にもiPhoneが同時に充電できるタイプがあるので利用方法に合わせて選ぶのをおすすめします。

スマオ

他にもApple Watchの充電器関連の記事を書いているので、こちらの記事も参考にしてください〜!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる