Apple WatchでiPhoneのロック解除が出来る!設定方法と失敗する原因は?

中々中々Touch ID(指紋認証)をiPhoneに復活させないAppleですが、コロナ禍でマスクを付けているのが常となっている現在。

iPhoneのロック解除にFace IDを使う場合は、マスクを取る必要がありますが、Apple Watchを付けていればiPhoneのロック解除もマスクを付けたまま行うことが出来ます。

スマオ

AppleはTouch ID復活させる気ないのかもな・・・。

イギーくん

Apple Watchを買う必要があるけど、ロック解除はスムーズにできるようになるよ。

スマオ

今日は、Apple Watchを使ってiPhoneのロックを解除する設定方法や、失敗する原因などを紹介します。

目次

Apple Watchを使ったロック解除の条件

Apple Watchを使ってiPhoneのロック解除機能を使いには、必須条件がいくつかあるので確認していきます。

スマオ

当然ですが、iPhoneとApple Watchの両方を持ってるのが必須ですよ〜!

ロック解除が出来るiPhoneとApple Watchの条件
  • Face ID搭載のiOS14.5以降iPhone
  • WatchOS7.4以降のApple Watch3以降のモデル
イギーくん

iPhoneはX以降のモデル。Apple Watchは3以降

Apple WatchでiPhoneロック解除の設定方法

ロック解除が出来る条件が揃ったiPhoneとApple Watchを持っていれば、簡単にiPhoneのロック解除が出来るようになりますが、出来ない人は一度設定をしっかりやってみましょう。

STEP
iPhoneで設定アプリを開いてFace IDとパスコードを選択
STEP
パスコードを入力
STEP
Apple Watchでロック解除のタブをオンに

Face IDとパスコードの画面で、下にスクロールして行くとApple Watchのロック解除設定項目が出てくるので、タブをオンにしましょう。

iPhoneのロック解除が失敗する原因は?

Apple WatchでiPhoneのロック解除をするには、対応したApple WatchとiPhone。そしてiPhoneの「Apple Watchでロック解除」設定を行えば出来ますが、失敗する場合の原因がいくつかあります。

ロック解除が失敗する原因
  • Apple WatchとiPhoneのペアリングが出来ていない
  • iPhoneとApple WatchのWi-FiおよびBluetoothが有効になっていない
  • 手首検出がオフになっている
  • Apple Watchのパスコードが入力されていない
  • マスクやサングラスなどで顔が覆われていない

Apple WatchとiPhoneのペアリングが出来ていない場合

ここでいうペアリングとは初期設定のことで、購入してから使っているiPhoneと連携の設定をしていない場合のことです。

つまり、Apple Watchを購入して何も設定せずにiPhoneのロック解除をしようとしても、出来ません。

スマオ

そもそも初期設定をしないとApple Watchを使うことが出来ないから、ここは問題ないと思います。

iPhoneとApple WatchのWi-FiおよびBluetoothが有効になっていない

iPhoneとApple WatchはWi-FiかBluetoothにて連携・接続しています。この2つが切断されている状態の場合には、Apple Watchを付けていてもiPhoneのロックが解除されることはありません。

iPhone側のBluetoothがオフになっている状態で、なおかつApple Watch側のWi-Fiがオフになっている場合には、Apple WatchとiPhoneの接続が切断されている状態なので、ロック解除もすることが出来ません。

イギーくん

Apple Watchの上の方に赤い斜線が入ったマークが出ている場合は、切断されている状態。

手首検出がオフになっている

手首検出機能は、Apple Watchを着けていない状態を感知して自動的にApple Watchにロックをかける機能です。

この機能がオフになっている場合には、Apple WatchでのiPhoneロック解除を行うことが出来ないので、ロック解除出来ない場合には確認してみましょう。

iPhoneでWatchアプリを開きパスコード→手首検出の順でオンオフを確認することが出来ます。

Apple Watchのパスコードが入力されていない

Apple Watchの手首検出機能をオンにしている場合、手首に着けたタイミングでパスコードの入力を求められます。

スマオ

よくあるんだけど、充電して着けたままパスコードを解除しないで忘れちゃってたってこと。

イギーくん

この場合もiPhoneのロック解除が出来ないから注意だね

マスクやサングラスで顔が覆われていない

Appleの基本的な考えとしては、メインのロック解除方法はFace IDで、マスクなどで顔が隠れちゃってる場合はApple Watchでもロック解除出来るという方針。

スマオ

顔が隠れていない状態だとApple Watchでのロック解除ではなくFace IDを優先させようとします。

つまり、iPhoneを自分の顔に向けてマスクで顔が分からない状態で初めてApple Watchのロック解除を使うことが出来ます。

イギーくん

こんな感じで顔を向いてない状態でのロック解除は、Apple Watchを着けてても無理!

Apple WatchでiPhoneロック解除はどのくらいの距離までいける?

Apple Watchを着けてiPhoneを操作する場合には、Apple WatchからiPhoneまでの距離は1メートルも離れていないと思いますが、もしAppleを装着した状態でiPhoneから離れた場合、どのくらいの距離までロック解除が出来るか?

Appleの公式サイトには10メートル以内となっていますが実際に試してみたところ、2メートルまでは確実に解除できましたが、それ以上の距離を離れるとできる時と出来ない時がある感じになりました。

スマオ

セキュリティ上あんまり遠くでも解除出来ると不安だけど、この程度であれば問題はないかな?

Apple Watchのロック解除まとめ

コロナ禍の現在社会で、頑なに指紋認証を搭載してこないiPhoneですが、唯一の逃げ道がApple Watchになります。

数万円の初期投資が必要ですが、Apple Watchでのロック解除はマスクをした生活がスタンダードの現代では非常に便利な機能です。

スマオ

キュリティを重視するのは分かりますが、iPhoneを置いたままでもApple Watchがあればロック解除出来れば・・・と思います。

イギーくん

Androidとスマートウォッチでは当たり前に出来ることだからね・・・。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる