Apple Watchの充電時間は?0%から100%までの時間を計測!

スマオのアイコン画像スマオ

こんにちわ!スマートウォッチ大好き野郎のスマオ(@SmawatchJp)です。

Apple Watchは充電の持ちが良いとは決して言えないスマートウォッチなので、頻繁に充電する機会があると思います。

例えば寝る前に充電を忘れて、朝付けていこうとしたら充電が切れてた!みたいな場面で、何分充電したら何%になるのか?0%から100%まで充電するにはどのくらいの時間がかかるのか?検証してみました。

目次

Apple Watchの充電時間はどのくらいかかる?

検証環境
  • 純正充電ケーブル
  • 純正充電アダプター
  • 電源が切れた0%からスタート
  • Apple Watch4の44mmモデル
スマオのアイコン画像スマオ

この検証は私が使っているApple Watch4での検証になります。現在発売されている3・5は4よりもバッテリー容量が多いと言われてるので、もう少し充電速度が遅いかも知れないので、参考程度に見といて下さいね

充電開始10分で13%

スマオのアイコン画像スマオ

10分で13%と意外と速い!と感じるけど13%じゃ1日持たないですね・・・!

30分で32%

40分で44%

スマオのアイコン画像スマオ

44%とあればギリギリ1日持つかな?

60分で62%

62%あれば、私の使い方であれば1日持ちます。う〜ん・・家出る前に充電が切れてるのに気が付いても、1時間は充電しないと1日分は難しいかな?

80分で79%

100%満タン充電まではほぼ2時間!

10分13%
30分32%
40分44%
60分62%
80分79%
90分86%
100分93%
120分100%
スマオのアイコン画像スマオ

10分毎に充電量を計測しようとして、ところどころ忘れて抜けちゃってますが、検証結果はこんな感じでした!

朝おきてApple Watchの充電が切れてるのに気が付いても、1日分充電したいなら1時間程度は必要です。私の場合には起きてから家を出るまでに30分程度なので、起きた瞬間に充電切れに気が付いても1日分は厳しそうです。

Apple Watchの充電切れ対策に有効な方法は?

改めて充電時間を検証してみたら、Apple Watchの充電時間が結構かかる事がわかりました。Apple Watchの充電切れ対策はなにかないかな?と調べてみました。

そもそもスマホの充電ケーブルは自宅以外にも職場などに置いてあったり、友人宅に行った場合にも友人のケーブルを借りて充電できたりと、どうにかなる事は多いと思います。

Apple Watchの場合には専用の充電ケーブルが必要なので、充電し忘れて外出すると途中でただの重りになってしまいます。予備のケーブルを買うのが一番ですが、純正の充電ケーブルは3,850円と結構高額・・・。

スマオのアイコン画像スマオ

ということで、純正の充電ケーブル以外でコスパの良いサードパーティー製のApple Watch充電器を調べてみました!

Apple純正と同じデザインで値段が1,588円と3分の1になった充電ケーブル。この価格なら予備として買って会社に置きっぱなしにしておいてもOK

値段は高いですが、持ち運ぶことができるApple Watch充電器になります。内蔵電池容量が900mAhあるので、Apple Watchを2回は確実に充電出来ます。これをかばんの中に入れておけばどこでApple Watchの充電が切れてもOK

このワイヤレス充電スタンドは、Apple Watch・AirPods・iPhoneを同時に充電できます。これを自宅用にして、Apple純正ケーブルを、会社用や持ち運び用にするのもおすすめ

スマオのアイコン画像スマオ

Apple Watchはスマートウォッチの中でもトップレベルに高性能ですが、決してバッテリー持ちが良いとは言えません。充電環境を充実させてApple Watchをフルに使い倒しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる