【2021年】Apple Watch以外でおすすめのスマートウォッチ11選

スマオ

こんにちわ!スマートウォッチ大好き野郎のスマオ(@SmawatchJp)です。

スマートウォッチの中で代表格と言っても良いのがApple Watchですが、Apple WatchはiPhoneでしか使うことが出来ません。そこで今日は、Androidのスマホを使っている人におすすめのスマートウォッチを紹介したいと思います。

Apple WatchはiPhone専用ですが、Apple Watch以外のスマートウォッチはAndroidもiPhoneも対応しているので、Apple Watch以外が欲しいiPhoneユーザーにもおすすめできます!

目次

Apple Watch以外でおすすめのスマートウォッチ10選!

【SONY】wena3「Suica対応バンドタイプスマートウォッチ」

SONYのwena3はバンドにスマートウォッチ機能を詰め込んだタイプのスマートウォッチ。つまり、ヘッド部分(時計本体)は自分の好みでロレックスでもCASIOでもセイコーでもオメガでも好きなものを装着でき、スマートウォッチ化する事ができるバンドです。

以前のモデルから電子マネーに対応していましたが、今作からついにSuicaにも対応。日常的に使うことが多いSuicaに対応した事によって人気が出ているスマートウォッチです。

バッテリー駆動時間7日間
防水性能5ATM
電子マネーFeliCa(Suica)
対応OSiOS/Android
重量80グラム
ディスプレイサイズ
GPS搭載

腕時計にはコダワリがあってスマートウォッチを使ってこなかった人も、wena3であえば簡単にスマートウォッチ化出来るので、これはおすすめ。実際に人気があるスマートウォッチです。

【GARMIN】Legacy Hero Series「Suica対応」

スマオ

現在26機種がGarmin Pay(Suica)に対応!

Apple Watch以外で初めてSuicaに対応したスマートウォッチがGarminです。その中でも今回は、
Legacy Hero Seriesをチョイス!ファーストアベンジャーとキャプテン・マーベルをテーマにしたモデルです。

バッテリー駆動時間5日間
防水性能5ATM
電子マネーGARMIN Pay(Suica)
対応OSiOS/Android
重量40グラム
ディスプレイサイズ1.3インチ
GPS搭載

ガーミンはもともとGPS機器などに強みがある会社なので、スマートウォッチでも正確に情報を計測してくれるので、自転車競技やトライアスロンなど本格的に競技をしている人たちにも支持されているブランドです。

スマオ

近年はGPSを利用してゴルフの手助けをしてくれる機能があるので、ゴルファーにも人気のスマートウォッチですね。

【GARMIN】Venu Sq「Garmin Payが一番安く使えるスマートウォッチ」

GARMINはスマートウォッチの中でも高額な部類に入ります。いくらSuicaが使えたとしても価格が高いスマートウォッチを買うのはちょっと・・・という人には、一番安くGarmin Payが使えるスマートウォッチがVenu Sqです。

バッテリー駆動時間6日間
防水性能5ATM
電子マネーGarmin Pay(Suica)
対応OSiOS/Android
重量37.6グラム
ディスプレイサイズ1.3インチ
GPS搭載

Venu Sqは、最近(2020年12月)発売になったスマートウォッチ。Garminらしくトラッカー機能などはしっかりと搭載していますが、低価格に抑えたエントリーモデルのスマートウォッチです。Suicaデビューにはおすすめのスマートウォッチ!

スマオ

価格も24,800円〜とリーズナブルで、Garmin Payも使えるモデル!

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥24,507 (2021/07/24 16:23:04時点 Amazon調べ-詳細)

【Xiaomi】Mi Watch「価格破壊スマートウォッチ」

Xiaomiと言えば、格安スマホが日本でも人気のメーカーですが、ついにスマートウォッチ業界にも本格的に参入。血中酸素濃度・ストレス・GPS搭載など機能はてんこ盛りで13,000円前後・・・・とスマートウォッチでも価格破壊してきました。

バッテリー駆動時間16日間
防水性能5ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量32.5グラム
ディスプレイサイズ1.39インチ
GPS搭載
スマオ

安い!満足度が高い!コスパ最強!価格破壊!

Mi Watchは日本での発売予定もありますが、現状いつ発売かわかっていません。中国の通販サイトBanggoodで4月30日までの当サイト限定クーポンを発行してもらっています。約13,700円

👉【Banggood】Mi Watch販売ページ
割引クーポン【BGJPox15】

【HUAWEI】HUAWEI Watch GT2「全てで高性能なスマートウォッチ」

HUAWEI Watch GT2は、スマホメーカーのHUAWEI(ファーウェイ)が販売しているスマートウォッチ。デザイン・バッテリー持ち・価格・機能と、全ての面でバランスが良くまとまっています。

バッテリー駆動時間14日間
防水性能5ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量41グラム
ディスプレイサイズ1.39インチ
GPS搭載

AMOLEDディスプレイを採用している画面は、文字や時間もくっきり綺麗に表示してくれます。バッテリーは最大14日間のもつので、今までのスマートウォッチのように頻繁に充電する必要はありません。マイクとスピーカーも搭載しているので、スマホを取り出さずに通話も可能になっています。

スマオ

全然デザインも違うので、同じモデルといって良いのかわかりませんが、42mmモデルもあります。今日紹介してるのは46mmモデルの方です!

【Huami】Amazfit GTR2「Amazfitフラッグシップモデル」

先程紹介したHUAWEI Wahch GT2と出来る事はほぼ同じで、性能的にもライバルと言って良い存在なのがAmazfit GTRです。製造しているHuami(ファーミ)は、日本でもスマホが人気のXiaomiの関連会社で、品質も悪くありません。

バッテリー駆動時間14日間
防水性能5ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量31.5g・39g
ディスプレイサイズ1.39インチ
GPS搭載

初代のAmazfit GTRが日本でもスマッシュヒットしましたが、2になって音楽保存機能や通話機能などが搭載されました。デザイン・性能ともにレベルが高く、Amazfit GTR2を買っておけばスマートウォッチの魅力は十分に感じれるはず。

スマオ

Amazfit GTR2はスポーツモデルとクラシックモデルがありますが、素材(カラー)が違うだけで、出来ることは変わりません。

【Huami】Amazfit T-Rex Pro「MIL規格対応のタフネス系スマートウォッチ」

デザインが特徴的なタフネス系スマートウォッチのAmazfit T-Rexの進化版Amazfit T-Rex Proがデビューしました。先代の無印Amazfit T-Rexから防水・衝撃・GPSなどが進化し、新しく血中酸素濃度やストレス計測も搭載されました。

バッテリー駆動時間18日間
防水性能10ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量59.4グラム
ディスプレイサイズ1.39インチ
GPS搭載

知らない人が見たら完全にG-SHOCKなデザインです。物理ボタンが4つついており、グローブなんかをしている時でも簡単な操作が可能になっています。アウトドアやスポーツをする事が多い人にはおすすめなスマートウォッチです。

スマオ

タフネスな見た目だけじゃなく、実際にタフネスなのでアウトドアで使いたい人はこれ!

Amazfit T-Rex Pro スマートウォッチ 日本語説明書 多機能 アウトドア 100種類 スポーツモード ランニング アウトドア 耐水性 10ATM 防水 GPS GLONASS 日本語着信対応 軽量 耐久 Android&iOS対応 (ブルー)
Amazfit

【Xiaomi】Mi Band 5「コスパ最強」

世界で一番売れたスマートウォッチMi Band 4の後継モデル「Mi Band 5」は、前作から変わらないコストパフォーマンスの良さと、腕に24時間付けたままでも負担にならないコンパクトサイズのスマートウォッチです。

バッテリー駆動時間14日間
防水性能5ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量23.5グラム
ディスプレイサイズ1.1インチ
GPS非搭載

よく分からないけど安いスマートウォッチが欲しいという人はMi Band 5を選んでおけばOK。スマホの通知・心拍数・睡眠ログ・ワークアウト・ストレスチェックなどなどスマートウォッチの基本的な機能のほとんどが搭載されています。

スマオ

Mi Band 5はまだ日本せ正式に販売されていないので、Mi Band 4もおすすめ。基本的に出来る事は変わりませんよ!

【FOSSIL】ジェネレーション5「WearOS搭載のスマートウォッチ」

スマートウォッチはパソコンやスマホメーカーが作っているモデルが多いですが、こちらはもともと腕時計メーカーのFOSSILが作っているスマートウォッチなのでデザインもイケてます。Wear OSを搭載しているスマートウォッチなので、アプリの追加など自分好みのスマートウォッチに設定する事が出来ます。

バッテリー駆動時間1日以上
防水性能3ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android
重量不明
ディスプレイサイズ44mm
GPS搭載

Apple Watchの対抗馬となるのがWearOS搭載のスマートウォッチ。FOSSILはWearOSを搭載したスマートウォッチをずっと発売しており、現在は第5世代のモデルになります。電池は持ちませんが、スマートウォッチにいろいろな機能を求めるならおすすめです。スピーカーとマイクも付いているので、通話も出来ますよ。

【FOSSIL】ハイブリッドスマートウォッチHR「アナログ時計のスマートウォッチ」

このスマートウォッチは、物理的なアナログ針と電子ペーパー表示のスマートウォッチが合体したハイブリッドスマートウォッチです。普通のスマートウォッチよりも表示できる情報量は少ないですが、シンプルなデザインと2週間のバッテリー持ちが特徴のスマートウォッチ。

バッテリー駆動時間3週間
防水性能3ATM
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android/
重量130g
ディスプレイサイズ42mm
GPS非搭載

スマートウォッチに多くのことを求めない人にはおすすめのスマートウォッチ。ですが、SNSやメールの通知、心拍数や歩数などのトラッキングなど、スマートウォッチの基本的なところはしっかりと抑えています。

スマオ

バッテリー持ちも良く、シンプルに付けられるスマートウォッチ!

【LEMFO】LEM T「Android搭載のスマートウォッチ」

LEMFOはスマートウォッチを数多く販売しているメーカーですが、フルAndroid搭載のスマートウォッチを多く発売しています。フルAndroidとは、腕時計にスマホと同じようにAndroidを搭載しているスマートウォッチのことです。つまり腕に巻く事が出来るスマホです。

バッテリー2,700mAh
防水性能IP67
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android/単体で利用可能
重量154g
ディスプレイサイズ2.86インチ
GPS搭載

SIMカードを入れることが出来るので、スマホと同じように使うことが出来ます。LINE・You Tube・電話・ウェブ閲覧・漫画・ゲームなどはもちろん。スマホで出来ることは基本的に出来ます。

スマオ

小さい頃に想像してた未来の腕時計が実現化!

【zeblaze】THOR5「タフネス系フルAndroidスマートウォッチ」

先程のLEM Tは、小さいスマホを腕に付けた様なデザインのスマートウォッチでしたが、THOR5はタフネス系で普通の腕時計のようなデザインのフルAndroidスマートウォッチになります。LEM Tと同じようにAndroidを搭載しているので、スマホで出来ることはTHOR5でもすることができます。

バッテリー駆動時間545mAh
防水性能IP67
電子マネー未対応
対応OSiOS/Android/単体で利用可能
重量70g
ディスプレイサイズ1.39インチ
GPS搭載

LEM Tに比べるとサイズも小さく、腕時計として付けていてもなんの違和感もないデザインなので、フルAndroidのスマートウォッチを日常的に使いたい場合にはこちらがおすすめ。ですが、丸形フェイスなのでスマホ向けに作られているアプリを使うと端のほうが見切れたり見辛かったりと快適と言えない時はあります。

スマオ

もちろんスマホと連携しても使えるし、単体でもスマホの代わりとして使えるスマートウォッチ!

Apple Watch以外のスマートウォッチまとめ

今日はApple Watch以外のスマートウォッチでおすすめな9本を紹介しました。Apple Watchはたしかに高性能なスマートウォッチですが、iPhoneユーザーしか使えずAndroidスマホ派の人は使うことが出来ません。

今日紹介したスマートウォッチは全てAndroidに対応しているので(iPhoneでも使えます)Androidスマホを使っている人にはおすすめです。

スマオ

今後もAndroidスマホで使えるスマートウォッチをどんどん紹介していくよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

サイト管理人

スマオのアバター スマオ 管理者

スマートウォッチを何十本も持っている管理者のスマオと申します。

スマートウォッチの専門情報サイトが少ないと感じたので、自分で作ってしまえ!と作ってみました。

みなさんも一緒にスマートウォッチの世界にハマってみませんか?!

目次
閉じる